99-その他

2014.01.01

あけましておめでとうございます! 2014

2014_2

あけましておめでとうございます。
 
昨年、2020年のオリンピック・パラリンピックを東京で開催あすることが決定しました。
閉塞感漂う日本にとって明るいニュースでした。
 
川崎建築計画事務所も、ローザンヌ(スイス)での
東京プレゼンテーションブースのデザインを担当させていただき、
招致を微力ながらお手伝いすることができました。 
 
オリンピック開催までにはまだまだ課題があります。
この課題を乗り越えて開催される東京大会は
素晴らしいものとなり、将来の子どもたちに
夢を与えることができると確信しています。
 
本年もよろしくお願いいたします。

|

2013.09.17

住宅の沈下修正工事 地震による不同沈下修正

都内ですが、暗渠の川沿いにたつ住宅が、東日本大震災後に不同沈下してしまいました。

最大70mm程度の沈下で、自身保険の半壊には該当しない変形角だったのですが、
クラックや柱の割れなどいろいろ交渉し、半壊扱いで保険がおり、
沈下修正工事を実施しました。

P1130958
モグラのようには穴掘って建物の地下にトンネルつないで、
60cmの短い杭を支持層まで根気よく圧入します。
 
P1130961
そして一揆にジャッキアップ!こうした日本の技術は素晴らしいです。

P1130964
これが地下から堀だされた土の山。ジャッキアップして杭を固定したら、
またもとに戻します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.11

3.11に思うこと。2013

3.11から二年目の今日。
あっという間の二年であったのか、
長い長い二年であったのかは、
人それぞれだと思います。
被災地の現状を知ると、
復興にこれからも長い時間が必要です。
それぞれが、それぞれの役割で、
出来ることを、出来るだけ...継続することが重要です。

安全な建物を設計しようと心に思います。
建築士にできることから誠実に。
それが生き残ったものたちの義務だと思います。

同時に旧態依然とした建築業界・建築家の体質にいらだちます。
いますべきことは・・・いつも自問しながら生きていきます。

震災で亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.17

あのときから18年 震災の日に思うこと。

今年もこの日がやってきました。
1995年1月17日午前5時46分
阪神淡路大震災が発生しました。すでに18年が経ちました。

設計の仕事を初めて3年目の出来事です。
この日が来るたびに、強烈な印象がフラッシュバックします。
あの時の教訓は生かされているのか・・・
安全な建物を設計しようと心に思います。

震災で亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.01

あけましておめでとうございます 2013

2013kawasakiapf

本年もよろしくお願いいたします。
川崎建築計画事務所は、1月7日より通常業務となります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.29

今年もお世話になりました。

本年の営業は28日に納め、
29日は恒例の太田・川崎事務所合同忘年会を開催しました。

Pc2927183

平穏無事にこのように忘年会を開催できるのも、
一年間、みな仕事に恵まれたからにほかなりません!
クライアントの方々、関係者の皆様、ありがとうございます!
来年もよろしくお願いいたします!

そして来年も楽しみましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.29

コソボフィルハーモニー交響楽団の指揮者は日本人の柳澤寿男さん! 日本公演のリハーサルを国立学園で行ないました!

コソボフィルハーモニー交響楽団の指揮者は日本人の柳澤寿男さん! 

561976_494523653921088_524866372_n
(写真はAERA 12.10.29の記事より)

コソボフィルハーモニー交響楽団の日本公演、リハーサル会場に
川崎建築計画事務所設計の国立学園小学校の80周年記念体育館を選定!
和やかにリーサルがすすんだとのことです!
間接的ですがちょっとだけ協力できたような気分です・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.23

日本聾話学校 発祥の地記念碑の設計

A_2

日本聾話学校は1920年、新宿区の東京牛込福音教会会堂で開校しました。現在は町田の野津田に移転しています。このたび、発祥の地である、東京牛込福音教会会堂跡に記念碑を建立することとなり、その設計を依頼していただきました。
 石碑は当時の東京牛込福音教会会堂のだれにでも開かれているエントランスをモチーフとし、盤面には、開校に尽力したライシャワ夫妻、クレーマ女史の写真や当時の学校の様子をステンレス板にホーロー焼成しています。
 この地で生まれた日本聾話学校の発展とこの学校を巣立っていった子ども達の豊かな将来を祈念してこの石碑をデザインさせていただきました。

詳細は川崎建築計画事務所のWebSiteをご覧ください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.19

「建築士の業務」が出版されます。できれば若い設計者に呼んでもらいたい・・・

建築士の業務 設計及び監理業務と告示第15号
公益社団法人 日本建築士会連合会 設計等業務調査検討部会編著が出版されます。


P1120082350

当事務所代表の川崎が、戸建木造住宅事例の後半部分を執筆担当しています。
建築設計の流れにそって、建築士法、建築基準法、告示15号などで示される法定業務と法定業務以外をわかりやすく解説しています。建築主への義務を果たすため、自身の業務に根拠を得るため、是非ご一読いただければ幸いです。
ベテラン建築士の方には釈迦に説法かもしれませんが、若い設計者、特にこれから独立を目指す設計者に読んでいただけばと思います。

こちらで購入可能です!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.03

建設資材転用で作るバレエバー ~ わりとかっこいいです。

バレエスタジオの移動式バレエバーの製作依頼があり、
いろいろ試行錯誤していました。
既製品は高価でデザインがいまいち、
一から製作すると、それもそれで高く付きます。

そこで、安価に手に入る資材を組み合わせて製作したのがこれです。

P1100979

単管と呼ばれる建設用仮設資材を利用しています。
管の直径は約50mm、高さは自由に設定できます。
写真の一段バーは高さ約100cmです。
パイプを切っているため、完成すると高さの変更はできませんが、
完成後も高さの変更が可能な仕様も製作可能です。

P1100977

こちらは、高さ100cmと80cmの2段タイプ。
下の段は子どものレッスンに使用します。
(下の段は高さの変更がドライバー一本で可能)

組み立てはドライバーのみで可能。
写真のバーの長さはいずれも3mです。
3m以上も製作可能ですが、
運び入れる方が大変なので、3mに落ち着きました。
短くする分にはいくらでも可能!
建設資材を転用しているので、単管はそれほど綺麗な仕上がりではありませんが(一応新品です)ダンサー達にはそのあたりもクールで恰好いい!と評判でした。

ちなみに、
1段バー長さ3m:11,500円(グラつきがでるので現在は作ってません)
2段バー長さ3m:18,000円
で承ります!(送料・組立費別)※
1m以上1cmピッチで長さ調整可能です。
※組立が伴うため、現在、東京近郊に限らせていただいています・・・
2人で伺い現地で組み立てるため、搬入費20,000、組立費20,000となってしまいます。
本数が少ないと割高です。

ご希望の方はこちらへご連絡ください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧