« 2013年9月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年1月

2014.01.17

あの日から19年。

今年もこの日がやってきました。
1995年1月17日午前5時46分
阪神淡路大震災が発生しました。すでに19年が経ちました。

この地震で亡くなった方は6434人にものぼります。
約5000人の方が木造家屋の倒壊により、
家屋の下敷きとなり即死したとのことです。
多くは1階で寝ていた方々と記録されています。
 
一階の柱が折れてつぶれるケースが多く、
地震により浮き上がった建物が地面にたたきつけられて
折れたのではないかと考えられています。
 
その後、平成12年に、木造建築の柱が抜けないよう、告示によって規定されました。
一般に1981年が、旧耐震、新耐震の基準の分かれ目と言われますが、
木造については、平成12年も大きな転換点で、
新耐震基準以降の建物なので安心とは、簡単には判断できません。

参考:新耐震基準と旧耐震基準の違い 木造は平成12年以前も注意!
 
建物によって人が亡くなることは、設計者にとっては耐えがたいことです。
建物の耐震化が進み、建物が凶器とならないような社会にしなければなりません。
 
阪神淡路大震災で亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.01.01

あけましておめでとうございます! 2014

2014_2

あけましておめでとうございます。
 
昨年、2020年のオリンピック・パラリンピックを東京で開催あすることが決定しました。
閉塞感漂う日本にとって明るいニュースでした。
 
川崎建築計画事務所も、ローザンヌ(スイス)での
東京プレゼンテーションブースのデザインを担当させていただき、
招致を微力ながらお手伝いすることができました。 
 
オリンピック開催までにはまだまだ課題があります。
この課題を乗り越えて開催される東京大会は
素晴らしいものとなり、将来の子どもたちに
夢を与えることができると確信しています。
 
本年もよろしくお願いいたします。

|

« 2013年9月 | トップページ | 2014年3月 »