« 床の硬さのお話 バレエ床の選定経過 その1 | トップページ | 眺望?景観?保全の利益は誰のものか? »

2011.11.28

耐震偽装事件は解決したのか?

耐震偽装事件から6年がたちました。
マスコミは最後の偽装建築が建て替え完了したことで事件に一区切りと報じています。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20111126-OYT1T00648.htm

事件後、建築行政は規制強化に舵をふりましたが、
事件の本質についてなんら解決されたとは言えません。
建築行為は係る関係者すべての義務と権利にその質が由来します。
技術者だけでなく、素人だからと表現される建築主にも倫理が求められるのです。
建築とはそれほどに責任の重い行為だと思います。

来年度から建築教育の現場に復帰します。
担当は「建築倫理」。建築行為を廻る倫理問題を学生と討議するのが楽しみです。

|

« 床の硬さのお話 バレエ床の選定経過 その1 | トップページ | 眺望?景観?保全の利益は誰のものか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56351/53355657

この記事へのトラックバック一覧です: 耐震偽装事件は解決したのか?:

« 床の硬さのお話 バレエ床の選定経過 その1 | トップページ | 眺望?景観?保全の利益は誰のものか? »