« 地中熱利用換気システム/見学者が増えてます! その2 | トップページ | 竣工 雙葉小学校ホール改修工事 »

2011.09.16

工事関係者の役割と法的地位

P1080258

神奈川県を中心に開発事業を行っている企業の社内研修で、
「工事関係者の役割と法的地位」をテーマに講師をさせていただきました。
社員教育に熱心な企業で、当日も80名以上の社員が多方面の部署から参加していただきました。
講義の内容は、建築主、設計者、工事監理者、工事施工者について、それぞれの成すべき業務とその法的根拠についての解説です。特に法定業務である工事監理については判例なども引用し詳しく説明させていただきました。
それぞれの分野で求められるプロフェッショナル・ライアビリティ(一般人に要求される以上の高度な注意義務)について考えていただくきっかけになればと考えます。

|

« 地中熱利用換気システム/見学者が増えてます! その2 | トップページ | 竣工 雙葉小学校ホール改修工事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56351/52743804

この記事へのトラックバック一覧です: 工事関係者の役割と法的地位:

« 地中熱利用換気システム/見学者が増えてます! その2 | トップページ | 竣工 雙葉小学校ホール改修工事 »