« 日本聾話学校を訪問してきました。 | トップページ | 既存不適格建築物の増築 »

2011.06.03

地熱を利用した換気システム

06021006

6月1日放送TBS「ひるおび」で国立学園80周年記念体育館が紹介されました
この体育館は、地熱利用の換気システム(ジオパワーシステムを利用した換気システム)を採用しています。
外気を地中5mの深さまで設置したパイプに通すことで、夏は冷やした空気、冬は温めた空気を室内へ供給しています。大規模施設での利用にあたり、独自に井戸水、また、天井付近の温まった空気などを複合的に活用し、エアコンなしで夏冬快適な空間を実現しています。
年間で温度記録(外気温度、室内温度、地中温度)を記録し、データ採取を5年続けた結果、地中温度は年間を通して15~18度程度で安定しており、体育館の室内温度は、冬場で、外気+6度程度(10度を切ることがありません)、夏場で外気‐5度程度(30度をこえることがありません)で省エネ効果を発揮しています。
ご興味のある方は是非こちら(川崎建築計画事務所)までお問い合わせください。
工事の詳細はこちらでも紹介しています。

|

« 日本聾話学校を訪問してきました。 | トップページ | 既存不適格建築物の増築 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56351/51841679

この記事へのトラックバック一覧です: 地熱を利用した換気システム:

« 日本聾話学校を訪問してきました。 | トップページ | 既存不適格建築物の増築 »