« 新耐震基準と旧耐震基準の違い 木造は平成12年以前も注意! | トップページ | 地熱を利用した換気システム »

2011.05.22

日本聾話学校を訪問してきました。

Dsc_0213

日本聾話学校へ訪問。校長先生をはじめ、教職員の担当の方へこれまで川崎建築計画事務所で行ってきた学校建築の取り組みをプレゼンしてきました。
日本聾話学校は、新生児聴覚スクリーニングで聴覚障害と診断された子どもたちへ、補聴器・人工内耳を使用した聴覚主導の早期教育で、聴覚障害児の未来を育む。「聴くこと」「話すこと」「歌うこと」「学ぶこと」を楽しむ、日本で唯一の私立ろう学校です。
町田市の自然あふれる環境に立地しています。先生方の思いも強く、社会的意義の高い学校であると感じました。どんな協力ができるかはまだこれからですが、川崎建築計画事務所としても、子どもたちの学校での生活環境の改善のため、微力ながらお手伝いをしたいと強く感じました。

|

« 新耐震基準と旧耐震基準の違い 木造は平成12年以前も注意! | トップページ | 地熱を利用した換気システム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56351/51737533

この記事へのトラックバック一覧です: 日本聾話学校を訪問してきました。:

« 新耐震基準と旧耐震基準の違い 木造は平成12年以前も注意! | トップページ | 地熱を利用した換気システム »