« インテリアカラースキム | トップページ | 新耐震基準と旧耐震基準の違い 木造は平成12年以前も注意! »

2011.04.19

首都直下型地震はくるの?

地震の専門家ではないのですが、建築設計の仕事をしていると「関東大震災クラスの地震がそろそろ起こるのでは?」とよく質問されます。首都直下型地震については内閣府の中央防災会議で報告がされていて、それを参考にすると・・・

Higai_gaiyou2_2

関東大震災のようなM8クラスの地震は200年から300年周期ということが定説となってきているようです。(ちなみに関東大震災の前はその220年前の元禄関東大地震)しかし、地震の活動期には入っているようで、M7クラスの地震が2000年以降の30年間で70%の確率で発生するようです。
M7クラスの地震が発生した場合のシュミレーションもおこなわれていて、厳しい条件のシュミレーション(冬季、午後6時、風速15m、M7.3)では、倒壊建物85万棟、死者11000人を想定しています。死亡原因は火災57%、建物倒壊28%となっています。この数字をどう解釈するかは難しいですが、地震に備えておくことは重要であると思います。建築物の耐震化、防火構造化(燃えにくい建物とすること)が被害を少なくするうえで重要であり、私たち建築家が貢献できることだと思います。

詳しくは 首都直下地震対策専門調査会報 を参照してください。


|

« インテリアカラースキム | トップページ | 新耐震基準と旧耐震基準の違い 木造は平成12年以前も注意! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56351/51437234

この記事へのトラックバック一覧です: 首都直下型地震はくるの?:

« インテリアカラースキム | トップページ | 新耐震基準と旧耐震基準の違い 木造は平成12年以前も注意! »