« 現説(現地説明) | トップページ | 実施設計 仕上げの選定 »

2010.01.17

1995年1月17日午前5時46分

阪神淡路大震災から今日で15年が経ちました。
当時私は組織事務所に勤務していましたが、
朝から職場で所員みんながテレビにかじり付き
状況を見守っていたのを記憶しています。
多くの建物が倒壊し、多くの方が亡くなりました。
建築士の私達にできることはなんでしょうか?
それは唯一、地震で倒壊しない建物を・・・
その中に居れば安全である建物を設計することだと考えています。
その安全の上でこそ、全ての事柄に意味が生まれるのだと考えています。

震災で亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

|

« 現説(現地説明) | トップページ | 実施設計 仕上げの選定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56351/47312482

この記事へのトラックバック一覧です: 1995年1月17日午前5時46分:

« 現説(現地説明) | トップページ | 実施設計 仕上げの選定 »